水没・故障したビデオカメラのデータ復旧専門店。豊富な実績と経験で対応。子育て世代にやさしい安心の価格で対応いたします。

データバックアップ時に注意すべきこと

Backup

パソコンやHDDレコーダー等にビデオカメラの映像データをバックアップされている方が多いようですがバックアップ時に保存の確認をしないままビデオカメラに記録されている映像データを初期化(削除)してしまい、気が付いたらバックアップも正常に保存されていなかった。こんなケースが多いように感じます。

いまバックアップを取ったデータは正しく保存されていますか?

データのバックアップを取ったら必ず正常に保存されているかどうか一度確認してみましょう。バックアップをちゃんと取ったつもりでも実は正常に保存されていなかったというケースが時々見受けられます。バックアップを取ったらカメラの初期化をされる方も多いと思いますが必ず正常にバックアップが取れているのを確認してからビデオカメラの初期化(フォーマット)するようにしましょう。

カセット時代のビデオカメラであれば湿気に注意してそのまま保管しておけばよかったのですが現在のビデオカメラはこのバックアップを取る工程がある為に、データ保存の観点からは以前のビデオカメラよりすこしハードルが高いように感じます。バックアップのとり方が分からない、バックアップを取るのが面倒、という事でカメラ本体にどんどん映像を貯めてしまい、最終的にカメラの故障や誤操作で大切なデータが消えてしまう。そんなケースがとても多いと感じます。お子様の成長記録や冠婚葬祭等大切な思い出の映像データをいつまでも大切にするために映像データのバックアップについて一度見当されてみてはいかがでしょうか?

万が一そのようなケースでビデオカメラの映像データが消えてしまっても、VCRepairデータ復旧に慌てずご相談下さい。なくしてしまった大切な映像データを取り出すお手伝いを致します。

フリーダイヤル 0120-973-900 まで お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル 0120-973-900

PAGETOP
Copyright © ビデオカメラ復元のVCRepairデータ復旧 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.