千葉県松戸市の個人様よりキヤノン製デジタルビデオカメラ iVIS HF R52故障(液晶故障)品よりデータ復旧のご依頼を頂きました。外部からの衝撃で破損した状態からのデータ復旧作業となりました。R52は過去にも水没等でデータ取り出し実績のある機種ですので今回も何とかデータ復旧にたどり着きたい所です。

今回データ復旧作業を行うデジタルビデオカメラの仕様

Canon iVIS HF R52

メーカーCanon(キヤノンン)
型式iVIS HF R52
製造年2014年
データ保存媒体内蔵メモリ
容量(内蔵メモリチップ品番)32GB

症状

電源を入れると起動音と共にパイロットランプ(緑LED)点燈するが液晶表示せず、フリーズで電源も切れない状態になる。

診断結果

液晶パネル本体の異常は無く、内部制御基盤の問題と判断しました。

処置

  1. ビデオカメラを分解し内蔵メモリアッセンブリを取り出し
  2. メモリより映像及び写真データを回収
  3. 取り出し容量約23GBをブルーレイ編集
  4. 再生チェック良好

結果

全データを取り出しすることができました。ブルーレイ2枚に編集完了。元通りの綺麗なフルハイビジョン映像で取り出すことができました。

作業工賃

15,800円(税別)

その他

千葉県松戸市とこちらの岩手県奥州市から離れたところからのご依頼でしたが不安は無かったでしょうか?できるだけ早い対応を心がけ対応させて頂きました。またお知り合いの方などで同様のケースでお悩みの場合ご紹介頂ければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

このページをご覧になった方へ

Canon製デジタルビデオカメラ HF R52をご利用の方で同様のケースでお悩みの場合はVCRepiarデータ復旧までご相談下さい。メーカー修理不可能と判断されてもあきらめる事無くご相談頂ければと思います。また、メーカーでは修理する事はできても中の映像データを取り出すことはできません。故障で修理の前にぜひ弊社にて大切な映像データの回収を行ってください。大切なご家族の映像を丁寧に取り出します。

お問い合わせ

VCRepiarデータ復旧(運営:有限会社アンサーポイント)

フリーダイヤル 0120-973-900 (午前9時~午後7時受付)

〒023-0066岩手県奥州市水沢区前田袋101-1